メモリッチの使い方|40代〜50代の女性は要注意!

メモリッチの使い方を間違えると効果が半減!

メモリッチ

 

メモリッチは女性特有の悩みであるクマやシワ、たるみに効果が期待できる今、話題のアイクリーム。

 

 

特に40代からはコラーゲンやセラミドが急激に減少するので、シワやたるみが目立ちやすくなります。

 

 

そこでメモリッチの出番ですが、使い方を間違えると効果を実感できるどころか、半減してしまうことを知っていますか?

 

 

ここではメモリッチの正しい使い方を紹介していきますね。

 

メモリッチの正しい使い方は?

 

メモリッチを購入すると、詳しい使い方が書かれたガイドブックが同封されてきます。

 

 

メモリッチ

 

 

そこにメモリッチの塗り方書かれているので、使う前には必ず目を通すようにしましょう。

 

 

メモリッチ

 

 

ここから使い方を紹介!

 

ステップ1:優しくなじませる

メモリッチ

 

メモリッチを米粒大くらい出し、目の周りに点置きします。薬指の腹でまぶた、目の下、目尻の3点に乗せ、円をかくようにやさしく塗り込みます。

 

 

量の目安としては、だいたいこのくらいです。

 

メモリッチ

 

ステップ2:重ね塗り

メモリッチ

 

気になる部分には、指で広げて重ねて塗りましょう。メイクのノリが悪い時は目元が乾燥しているサインです。乾燥が気になる場所は重ね塗りがおすすめです。

 

ステップ3:ツボを押す

メモリッチ

 

両手の中指で、優しくツボを刺激しましょう。血行が促進されることで、顔全体の印象が違ってきます。

 

 

このように、正しい使い方をすることでメモリッチの効果を実感することができます。

 

 

慣れるまで面倒かもしれませんが、初めのうちはガイドブックを見ながら塗るようにしましょう。このチョットした差があなたの未来を左右するかもしれませんよ。

 

メモリッチの効果を100%発揮させる使い方

 

上記のように正しい使い方で続けることで効果が実感できますが、さらにメモリッチの効果を100%発揮させる方法を紹介します。

 

それが

 

朝はメイクの前に塗る

 

夜はスキンケアの最後に塗る

 

この2点です。

 

 

 

 

メモリッチは1日2回使うことが基本です。

 

 

特に夜は、化粧水や乳液、美容液を使った後にメモリッチを塗ることで、高保湿力でお肌にフタをしてくれるので、効果が違ってきますよ。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

メモリッチに限らず、どの様な商品でも正しい使い方をしないと、思ったような効果が得られません。

 

 

記事冒頭でもお伝えしましたが、年齢とともにシワやたるみが気になってきます。これは加齢によるものなので仕方ありません。

 

 

しかし、年齢だから・・・と、あきらめるか?いつまでも若々しくいたいと思うか?

 

 

あなたの気持ち次第で5年後、10年後が明らかに違ってくることは間違いない事実です。

トップへ戻る