まぶたのクマがひどい!簡単に消す方法とは?

まぶたのクマを消す方法を教えます!

 

クマって言うと、目の下にできるものと思っていませんか?

 

 

黒クマ・茶クマ・青クマ。

 

 

どのクマも女性にとっては、実年齢よりも確実に上に見られてしまう厄介な存在

 

 

でも、意外と見逃しがちなのが「まぶたのクマ」です。

 

 

まぶたや目の周りの皮膚は他の部位とは異なりダメージを受けやすく、蓄積しやすい部分なので、頬や口元と同じケアでは改善されません。

 

 

そこでここでは、まぶたにクマができる原因と、そのクマを消す方法をお伝えしていきたいと思います。

 

まぶたのクマの原因は?

 

そもそも、まぶたの上にできるクマって、何でしょう?

 

 

まぶたの上にできるクマの正体は「茶クマ」。

 

 

茶クマは、小さなシミの集まりや色素沈着を起こしてできる「くすみ」です。

 

 

色素沈着ができる原因は

 

紫外線などの外的刺激

 

メイクによる刺激

 

この2つです。では、一つずつみていきましょう。

 

 

【実録】クマ対策にアイクリームを3カ月使った結果は!?

 

 

紫外線などの外的刺激

 

色素沈着の最も代表的なものが「炎症後色素沈着」です。

 

 

「色素沈着」って聞くと悪いイメージしかありませんが、これは日焼けやニキビなど、肌が炎症を起こした時にメラニン色素をつくり出して、肌を守ろうとする防御機能なんです。

 

 

だから身体にとっては正常な機能であり、通常はターンオーバー(肌の生まれ変わり)によって、メラニン色素は皮膚の外側へ押し出され垢と一緒に剥がれ落ちます。

 

 

しかし紫外線を浴び続けたり、ターンオーバーが正常に行われないと、マクロファージと呼ばれる“掃除屋さん”がメラニンの量が多すぎて掃除(排出)が間に合わなくなるんです。

 

 

そして排出が間に合わなくなったメラニンが、そのまま色素沈着となって茶クマとして残ってしまうんですね。

 

メイクによる刺激

 

目の周りのメイクは、化粧水・乳液・日焼け止め・下地・ファンデーション・コンシーラー・アイシャドウ・アイライン・マスカラなど挙げるとキリがないくらいのメイクのオンパレードです。

 

 

目は人に与える印象が強いので、ついついアイメイクに力を入れている女性も多いと思います。

 

 

ですが、メイクにこだわればこだわるほど、目の周りの皮膚に負担を掛けてしまっているのです。

 

 

そしてバッチリアイメイクをすると、落とすときにも相当な力が掛かってしまいます。

 

 

メイクを落とす時にコットンで拭き取る、ゴシゴシ肌を擦って洗顔するなどの習慣がある人は慢性的な炎症を起こしています。

 

 

実は目の周りの皮膚はとても薄く、約0.02mmほどしかありません。

 

 

これを簡単に例えるなら、同じ顔の皮膚である額がタオルくらいの厚さなら、目の周りの皮膚はガーゼほどです。

 

 

そのため目元の皮膚はかなりデリケートで、少しの摩擦でも刺激になってしまうため、メラニンが生成されそれが色素沈着につながります。

 

 

実は、まぶたの茶クマの原因は「紫外線」と「メイクによる刺激」この2つですが、ほとんどがメイクによる刺激がまぶたや目の周りの黒ずみの一番の原因です。

 

まぶたのクマを消す方法!

 

ここからは、まぶたのクマを消す方法を紹介していきたいと思います。

 

 

まぶたや目の周りの色素沈着を治すには、目元に溜まったメラニン色素をなくしてあげることが大切です。

 

 

メラニン色素をなくす方法には

 

ピーリング

 

レーザー治療

 

クリームでのケア

 

など、さまざま方法があります。

 

ピーリングでクマを消す

 

ピーリングは「古い角質を取り除き、ターンオーバーを正常にする角質ケア」のことです。

 

 

クマの種類には黒クマ・茶クマ・青クマがありますが、その中でも茶クマは色素沈着によってできるクマなので、ピーリングでも効果があります

 

 

ピーリングすることで古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを活性化して新しい皮膚を作り出してくれるので、クマが薄くなります。

 

 

ピーリング剤を選ぶ時のポイントですが

 

 

スクラブが配合されていない

 

AHAが配合されている

 

 

この2つを意識して下さい。

 

 

スクラブは、ポリマーなどの小さな粒子で肌表面をこすって、摩擦により古い角質や汚れを洗い落とす角質ケア方法です。

 

 

つまり、「肌に刺激を与えることで、肌が本来持っている再生力を活かしてターンオーバーを促そう!」と言いう成分。

 

 

しかし、目の周りの皮膚は薄いので、この方法だと逆にクマを悪化させてしまう可能性があり、おすすめできません。

 

 

一方、AHAが配合されているピーリング剤は「グリコール酸」「フルーツ酸」などの酸を利用した肌にやさしいピーリング剤です。

 

 

こちらは肌をこすることなく酸の力を利用して角質を除去するタイプなので、クマを悪化させてしまうこともありません。

 

レーザー治療でクマを消す

 

まぶたのクマを消す方法として、レーザー治療があります。

 

 

レーザー治療はクマができている皮膚のメラニン色素を破壊し、シミなどを改善する施術方法です。

 

 

色素沈着をはがすレーザー治療では、数日間小さなかさぶたができることが多いです。

 

 

かさぶたが剥がれるまでは、おおよそ1〜2週間程度の時間が必用になります。

 

 

レーザー治療はクマを改善するだけでなく、お肌の活力を取り戻して美しく健康になるメリットも。

 

 

ただしデメリットとしては、美容皮膚科や美容外科などのクリニックでなければ施術できない事と、費用も数万円〜数十万円とコストがかかりすぎてしまいます。

 

クリームでのケア

 

目元専用のアイクリームを使用することで、目元のハリを取り戻しつつ、まぶたの色素沈着をなくすことが期待できます。

 

 

アイクリームを選ぶ時のポイントは

 

 

ビタミンC誘導体が入っている

 

保湿成分を配合している

 

 

この2点がポイントです。

 

 

ビタミンC誘導体は、そのままでは肌に浸透しないビタミンCを吸収しやすい形に変えたものです。

 

 

ビタミンCの効果として

 

コラーゲンの生成

 

毛穴を引き締めてくれる

 

ターンオーバーを促す

 

抗酸化作用がある

 

など、ほとんどの肌悩みに効果を発揮するといっても過言ではありません。

 

 

また、私たちの目は1日に約1万5000回ものまばたきを行っており、ダメージが現れやすい箇所です。

 

 

しかも、まぶたには汗腺や皮脂腺がほとんどないので、乾燥しやすくクマだけでなく小じわの原因にも。

 

 

そこで保湿をしてあげることで、乾燥やまばたきのダメージからまぶたを守ってあげる事で、クマやシワができにくい肌にしてくれます。

 

迷ったらアイクリームがおすすめ

 

ピーリングは効果的ですが誤って目の周りの皮膚にダメージを与えてしまう可能性もありますし、レーザー治療はコストがかかりすぎてしまいます。

 

 

目元専用のアイクリームなら、肌に潤いを与えながら目の周りの色素沈着をなくすことが期待できるのです。

 

 

そんな、目元の明るさを取り戻すためにおすすめのクリームが「メモリッチ」です。

 

メモリッチ

 

美白成分であるビタミンC誘導体を配合し、まぶただけでなく目の周りを明るしてくれることが期待できるメモリッチ。

 

 

ビタミンC誘導体3LGAは、目元のコラーゲンに内側から働きかけて、痩せた肌をふっくら生まれ変わらせてくれるアイクリームです。

 

 

また目の周りの乾燥には「保湿」が大切。

 

 

メモリッチは美容保湿成分も17種類たっぷりと入っているので、目の周りのうるおいが格段にアップ。

 

 

しっかり保湿することで乱れたタンオーバーを整え、沈着してしまったメラニンを追い出してくれます

 

 

メモリッチは、ターンオーバーを整えてメラニンの排出を促すだけでなく、乾燥による目元の小じわの改善と予防も兼ねるので、エイジングケアにもなって一石二鳥ですよ。

 

 

目の周りの悩み改善を目的として作られたアイクリームなので、効果の大きさも期待できちゃいます。

 

 

これ凄い!クマ対策の決定版「メモリッチ」はこちら

 

 

まとめ

 

加齢による目の周りの皮膚や筋肉の衰えがクマの原因である場合は、美容整形などの手段でしか解決できません。

 

 

しかし、毎日のメイクやスキンケアによる色素沈着、乾燥によるターンオーバーの乱れがクマの原因である場合は、セルフケアでの解決も可能です。

 

 

ただ、レーザー治療と違い効果が現れるまでには時間がかかります。

 

 

効果が現れないと不安にもなりますが、セルフケアは忍耐と継続が必要ですが、取り組んでみてはいかがですか。

 

 

トップへ戻る