メモリッチが茶クマに効果がある驚愕の理由とは!?

メモリッチの効果|茶クマに効く成分は?

メモリッチ茶クマ効果

 

疲れた印象を与える「茶クマ」。

 

 

目元は小さいパーツながら、相手に大きな印象を与える大切な部分です。

 

 

顔の見た目年齢を上げてしまうクマは、年齢に関わらす多くの女性の悩みの一つ。

 

 

そして、茶クマは黒クマや青クマなどと比べると、セルフケアでの解消が難しいのが特徴。

 

 

そこでここでは、メモリッチ茶クマにも効果があるのか調査してみました。

 

目の下の茶クマの原因は?

 

そもそも茶クマの原因は何でしょうか?

 

 

茶クマになってしまう最大の原因が、皮膚への刺激による「色素沈着」です。

 

 

目元の皮膚は体の中でも非常に薄く、たったの0.02mmしかありません。

 

 

例えるなら額の皮膚がタオルくらいの厚さなら、目もとはガーゼほどです。

 

 

これだけ極薄な目元なのに、クレンジングなどでゴシゴシとお化粧やコンシーラーをこすって落とそうとすると、あっという間に角質層にキズがつきます。

 

 

肌は刺激を受けると防御態勢に入り、そのとき大量につくり出されるのがメラニン色素。

 

 

メラニン色素がたくさん出ると色素沈着を起こし、それが茶クマとなって現れるのです。

 

 

また、紫外線などの外的刺激に対しても肌の細胞を守ろうと、メラニン色素をいっぱいつくりだし肌の色素を濃くして、真皮に紫外線が届かないように守ってくれるのです。

 

 

しかし目元の皮膚は薄いので、茶クマとなってしまいます。

 

 

クレンジングの際に目元を強くこすってしまう方は注意が必要ですし、外出時は晴れの日以外でもUVケアを行うことが大切です。

 

メモリッチの茶クマに効果がある成分は?

メモリッチ

 

ではメラニンを大量につくりだし、色素沈着を起こしてしまう茶クマに対して、メモリッチは効果があるのでしょうか?

 

 

目元の茶クマを改善するには

 

ターンオーバーに役立つビタミンを摂る

 

保湿成分でスキンケア

 

この2つが大切です。では、一つずつ見ていきましょう。

 

ターンオーバーに役立つビタミンを摂る

メモリッチ

 

茶クマの最大の原因は、洗顔や紫外線などの外的刺激による色素沈着です。

 

 

この色素沈着をケアする方法の一つが、ターンオーバーを促すことです。

 

 

お肌はターンオーバー(新陳代謝)によって、古い細胞が肌の表面に押し出され日々、新しい細胞と入れ替わっています。

 

 

しかし、色素沈着を起こしている肌はターンオーバーが乱れているので、上手く排出しきれずにいつまでも肌の奥に茶クマとなって留まっているんです。

 

 

そこで出番が「ビタミンC誘導体3LGA」。

 

 

ビタミンCは

 

活性酸素を抑える

 

メラニン色素の排出を促す

 

ターンオーバーの促進

 

コラーゲンの生成を助ける

 

などの作用があります。

 

 

女性にとってうれしいビタミンCですが、この成分は非常に壊れやすいので、直接肌に塗っても効果を発揮してくれません。

 

 

そこで、このビタミンCを人工的に安定させたものがビタミンC誘導体なんです。

 

 

メモリッチのビタミンC誘導体3LGAは浸透性がよく、お肌の角質層の奥までビタミンを届け、メラニン色素の排出やターンオーバーを促してくれます

 

保湿成分で目元ケア

 

ターンオーバーを促すには「保湿」も重要です。

 

 

肌が乾燥していると外的刺激にも弱く、茶クマだけでなくシワやたるみ・くすみを引き起こす原因にも。

 

 

さらに乾燥肌が慢性的に続くと、肌のキメまで乱れてしまいます。

 

 

そこで、メモリッチには17種類の美容保湿成分がたっぷりと配合。

 

 

肌がうるおうとターンオーバーが正常に行われるので、メラニンの蓄積による色素沈着を予防することが可能。

 

 

さらに、お肌が十分に潤うことで紫外線の刺激をより受けにくくなるんです。

 

 

保湿をしてターンオーバーを促すことで色素沈着を改善し、茶クマを薄くしてくれる効果が期待できるんですね。

 

 

茶クマをやっつけてくれる!話題のメモリッチはこちら

トップへ戻る