目の大きい方必見!目立つクマを解消する方法!

目が大きいとなぜクマが目立つ?解消する方法は?

 

若い頃は目が大きくて自慢だったのに、年齢を重ねるたびに目の下のクマが目立ってきた・・・。

 

 

私もどちらかと言えば目は大きい方です。

 

 

そして、30歳を過ぎた頃から目の下のクマやたるみがひどくなってきました。

 

 

目の周りの悩みは年齢とともに増えてきますが、実は目が大きい方は目の下のクマやたるみが目立つ傾向にあるようです。

 

 

そこでなぜ、目が大きいクマ目立つのか?改善方法は?気になる疑問を解決していきたいと思います。

 

目の下のクマは3種類ある

 

女性にとって悩みの一つである「目の下のクマ」。

 

 

実はクマと一言でいっても以下の3種類があります。まずは、自分がどのクマに当てはまるか確認しましょう。

 

目の下の茶クマ

 

こんな人は茶クマになりやすい

 

洗顔や化粧を落とすときに強くこする

 

化粧を落とさずに寝てしまう

 

日焼けになりやすい

 

 

茶クマの最大の原因は色素沈着です。

 

 

洗顔やメイク落とし、頑固なアイメイクなどお肌のお手入れの際、摩擦や刺激が肌にダメージを与え色素沈着を起こしてしまいます。

 

 

また、紫外線や目の周りをこするなどのダメージもメラニン色素を大量に生成させる原因に。

 

 

目の周りの皮膚は体の中でも非常に薄くデリケート。

 

 

さらに、皮脂腺や汗腺がほとんどないので乾燥気味に。この乾燥も色素沈着を招く要因になります。

 

目の下の黒クマ

 

こんな人は黒クマになりやすい

 

二重で目がぱっちりしている

 

涙袋がある

 

顔がむくみやすい

 

目の下に黒い影ができて「えっ!」って、思った経験ありませんか?目の下の影、その正体こそ黒クマです。

 

 

黒クマはクマの中でもたちが悪く、メイクでも隠し切れない特徴があります。

 

 

黒クマは目の下に影ができる事で現れますが、若い人にできることはほとんどなく、年齢を重ねる毎にみられるようになります。

 

 

この影ができる原因が

 

眼窩脂肪が飛び出す

 

皮膚のたるみ

 

この2つです。

 

1.眼窩脂肪が飛び出す

 

目の下に影ができる原因の一つが眼球を保護する眼窩脂肪(がんかしぼう)が加齢によって前方に飛び出すからです。

 

 

脂肪が前に飛び出してくるので、目の下に膨らみができそれが影となって黒クマをつくるんです。

 

 

年齢を重ねると眼球を保護する靭帯があるんですが、それが加齢とともに緩んでしまいます。

 

 

そうすると眼球を支えきれなくなって、その結果、眼球が下がり眼窩脂肪が前に出て膨らみます。

 

 

この眼窩脂肪の膨らみの下に影ができるのが黒クマの原因です。

 

2.皮膚のたるみ

 

もう一つの原因が、年齢による皮膚のハリ不足です。

 

 

加齢によってコラーゲンやエラスチンなど、肌の弾力を維持してくれる成分が減少することで、目もとの皮膚がたるんでしまいます。

 

 

目元の皮膚がたるむと目の下に影ができ、それが黒クマとして現れるんです。

 

 

黒クマの原因は「眼窩脂肪の飛び出し」「皮膚のたるみ」ですが、実はどちらか一方が原因で黒クマができることは稀で、多くの場合は両方が重なって黒クマとして発生します。

 

目の下の青クマ

 

こんな人は青クマになりやすい

 

ストレスを感じている

 

身体が冷えている

 

睡眠不足で疲れが取れない

 

青クマのせいで顔が疲れてみられると、見た目年齢も上がってしまいますから、なんとか解消したいですよね。

 

 

青クマは黒クマや茶クマと違い、身体の健康状態が大きく関係しています。

 

 

茶クマや黒クマは色素沈着や目の下のたるみといった、老化や肌の傷みが原因です。

 

 

青クマの原因は「血行不良」。

 

 

目の周りの皮膚はとても薄く、0.5mm〜0.6mmしかありません。

 

 

例えるなら額の皮膚がタオルの厚さなら、目の周りの皮膚はガーゼほど。

 

 

そのため目の周りは他の皮膚に比べると、血液が透けやすいんです。

 

 

血行がよければ何も問題はないのですが、冷え性で血行が滞ってしまうと酸素が途中で組織に吸収されてしまいます。

 

 

酸素が少ない血液は赤黒くドロドロとして、目の下の皮膚から透けて見えてしまうんです。

 

 

これが「青クマ」の正体。

 

 

また「肩こり」「眼精疲労」「睡眠不足」なども血流が悪くなり、青クマの原因と言われています。

 

目が大きいとなぜ、クマが目立つ?

 

始めに、目の大きさに違いはありません。若い人からお年寄りまで、目の大きさはほぼ同じなんです。

 

 

ではなぜ、目の大きい人はクマが目立つのでしょうか?

 

 

それは「目のくぼみ」が大きいことが関係しています。

 

 

目のくぼみは頭蓋骨の眼窩(がんか)と言う、穴が開いている部分です。

 

 

目の大きい人は、小さい人に比べてこの眼窩と言う部分が大きく開いています。

 

 

さらに先ほどもお伝えした通り、目の周りの皮膚は薄いので骨格が浮かび上がり影ができ、クマのように見えるんですね。

 

 

トップへ戻る