メモリッチが効かない口コミの真実を暴露!

メモリッチが効かない!間違った使い方とは

メモリッチ

 

メモリッチは目元のクマやシワ、たるみをやっつけてくれるネット通販で話題のアイクリーム。

 

 

口コミを見ても

 

 

目もとがふっくらしてきました。

 

クマが薄くなり始めました!

 

目もとの潤いを実感できます。

 

 

など、評判がよい口コミが多い一方で、「1カ月使っても効かない」などの気になる口コミがあることも事実。

 

 

しかし効かない口コミを調べていると、ある「共通点」があることがわかりました。

 

 

その共通点をお伝えするとともに、効果的な使い方を紹介していきます。

 

メモリッチが効かない口コミ

 

メモリッチ

 

雑誌で気になっていたメモリッチを購入しました。私は目尻のシワが気になっていたのですが、1本使い終わってもあまり変化がありません。期待していたのですが、私には合わないのかな?

 

 

メモリッチ

 

学生の頃から黒クマが悩みでした。同級性にもからかわれたこともあり凄くコンプレックスです。メモリッチは新発売の商品なので期待して使い続けていますが、若干クマが薄くなってきた感じはありますが、想像より程遠いです。

 

 

メモリッチ

 

使い始めて1カ月ですが、大きな変化はありません。目元の潤いは感じることが出来るのですが、肝心のたるみの変化は感じません。まだ、一カ月だからとポジティブに考え2本目を使ってみます。

 

 

メモリッチ

 

使用感はとてもいいのですが、私には物足りなさがあります。この商品を使っても目元の乾燥は改善されず、シワも出てくるしクマにも変化はありません。

 

 

 

このようにメモリッチを使っても、思ったような効果を得られない口コミもあります。

 

 

ただ効かない口コミの共通点として、短期間しか使っていないで評価をしている方が多くいるイメージがあります。

 

 

メモリッチには残念ながら即効性はありません。しかし、使い続けることで効果が発揮される商品です。

 

 

肌にハリが出てくるなどの変化が現れるまでには、少なくとも2〜3カ月は使うようにしましょう。

 

 

でも、2〜3カ月使っても思ったような効果がない。そんな方は、間違ったケアの仕方をしている可能性があります。

 

メモリッチの間違った使い方とは

 

ここからはメモリッチの効果を半減してしまう、普段の何気ないケアを紹介していきます。

 

オールインワン化粧品を使っている

 

あなたは、毎日のケアをどうしていますか?

 

 

メモリッチの正しい使い方は、洗顔→化粧水・乳液・クリーム→メモリッチの順番です。

 

 

多くの方がこのような使い方をしていると思いますが、「化粧水・乳液・クリーム」のケアをオールインワン化粧品を使ってケアしている方は注意が必要です。

 

 

オールインワン化粧品は忙しい女性や、一つひとつのケアが面倒な方には時短になる、とても便利な商品。

 

 

しかし、オールインワン化粧品の中には油分が多く含まれている商品もあり、その油分がメモリッチの成分の浸透を妨げることも。

 

 

オールインワン化粧品はとても便利ですが、メモリッチの効果を100%発揮させるためにも、できれば単品ケアをおすすめします。

 

間違った洗顔をしている

 

お化粧やバッチリアイメイクを落とそうと、ゴシゴシと力を入れて洗っていませんか?

 

 

メイクをしっかり落としたいからと、ゴシゴシこするのは絶対にNGです。

 

 

目元の皮膚はとても薄くデリケート。チョットの刺激でも肌のバリア機能の低下を招いてしまい、うるおいが逃げる原因に。

 

 

強くこすることはうるおいが逃げるだけでなく、乾燥小じわも作ってしまうんです。

 

 

目もとの洗顔は「指の腹で軽く押さえる程度」で洗いましょう。ゆっくりと指を動かして洗うことで、肌ダメージを極力抑えることができます。

 

 

またクレンジング選びにもポイントがあります。

 

 

例えばしっかりメイクの時は、オイルタイプまたはリキッドタイプ、ナチュラルメイクの時は、クリームタイプまたはミルクタイプを選ぶというように、メイクによってクレンジングを変えましょう。

 

 

これって面倒ですよね。でも、しっかりメイクにクリームタイプのクレンジングを使っても簡単に落ちないので、ゴシゴシ洗ってしまいます。

 

 

その逆で、ナチュラルメイクにオイルタイプなどのクレンジングを使うと、肌の負担になってしまう可能性があります。

 

 

そのため、ベースメイクの濃さによってクレンジングの種類を変えるようにしてくださいね。

 

メモリッチの効果を100%発揮させる使い方

 

メモリッチの基本的な使い方は

 

朝はスキンケア前

 

夜はスキンケアの後

 

朝と夜の1日2回、使うことです。特に夜はスキンケアの一番最後にメモリッチを使うことで、お肌にフタをする役目があるのでうるおいが逃げにくくなります。

 

 

この方法でも効果を実感することはできますが、さらにメモリッチ効果を最大限に発揮させる使い方を紹介します。

 

 

それがすぐに目元に塗らずに、30秒ほど手の甲の上に乗せて温めてから使うことです。

 

 

クリームが温まることで肌への浸透がよくなります。

 

 

そして、メモリッチを目もとの気になる部分を中心に優しく付けて、目頭から目じりに向かってクリームを延ばします。

 

 

その時、薬指を使うことがポイント。

 

 

多く方が人差し指や中指で塗ってしまうと思いますが、普段使い慣れている指は知らない間に力が入ってしまいます。

 

 

そのため普段使わない薬指で塗ることで余計な力が入らず、優しくクリームを伸ばすことができます。

 

 

最後に浸透を早めるために、目元を手のひら全体で優しく温めましょう。

 

 

このように間違ったケアの仕方や効果的な使い方をする事で、「メモリッチを使っても効かない」と言うことは防ぐことができます。

 

まとめ

 

先ほどもお伝えしましたが、メモリッチには即効性はありません。しかし毎日、朝晩コツコツ塗ることで2〜3カ月後には違いがわかるはずです。

 

 

肌のターンオーバーは20代の女性では、28日周期と言われていますが、40歳を過ぎると45日もかかるとも言われています。

 

 

つまり、最低でも2ヵ月は続けないと肌の細胞が入れ替わりません

 

 

年齢が上がればさらにターンオーバーの周期は伸びるので、最低2〜3カ月、出来れば半年くらいは継続して使うことをおすすめします。

トップへ戻る